読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録と感想

みたもの よんだもの かんじたこと の記録

怒り

映画館で見ようと思っていたらいつのまにか終わってしまっていたので。

 

妻夫木聡綾野剛のラブシーンを見るためだったけれど、どうでもよくなるくらい役者陣の演技に引き込まれました。

 

ずっと眉間にしわを寄せて見ていた映画は久しぶりでした。

 

信じたいけど信じきれない心情が伝わってくる。

 

実際、犯人探しなんてどうでもよくて、一つの事件のせいで疑いの心を抱いてしまった人間の話でした。

 

犯人は捕まるし、バッドエンドではないけれど、すっきりしないもやもやが残る映画で、ものすごく見応えがありました。

 

昨日の昼間に見終わったけれど、まだ少し苦しい。