記録と感想

みたもの よんだもの かんじたこと の記録

【考察】ハプニングバー

一歩足を踏みれると、そこは雰囲気のいいバーであった。

バーカウンターでカクテルを飲みながら話す男女。男性のスーツ姿は、会社で真面目に働いている様子を想像させる。

バーカウンターの左側は柔らかなクッションと小さなテーブルが置いてあり、フラットな空間になっている。そこでは、先ほどとは違う男女が2組、やや寄り添うようにしてくつろいでいる。

その奥にプレイルームがあるのが、他のバーと異なる点である。

 

市場調査、と言いながら私は数人に話を聞いた。

 

まず、ハプニングバーについてである。

ハプニングバーは店によりかなり色が違うそうだ。今回訪れた店は、比較的落ち着いており、ただ酒を飲み帰ることもあるのだという。しかし、上野のとあるハプニングバーでは、ポールダンスが始まったり、SM色がつよかったりと、実に多種多様なようである。

また、ハプニングバーでは、実名は使わない。必ずニックネームでお互いを呼ぶ。ただ、やはり界隈は狭いようで、客同士他の店で会うこともあるようだ。

 

ハプニングバーには、いくつかルールが存在する。実名で呼ばないのもそのうちの1つである。ほかに、プレイルームでセックスをしているカップルをのぞいてはいけない。(カーテンを閉めなければ普通に見えてしまうが。)もちろん、後から立ち入ることもできない。といったルールもある。ただ、プレイルームではないところでセックスをしている場合は覗く以前の問題なので適用されない。

 

ハプニングバーに通うきっかけも聞いたのだが、プライバシーに関わるような気もするので割愛する。

 

私が話を聞いていたカップルが、せっかく来たのだから見ていったらいい、ということで、セックスをしてくれた。プレイルームでのセックスだったため、直接見ることはなかったが、つい数分前まで話していた2人がカーテンの向こうでは、欲望を露わにし交わっていると思うと、複雑な気分であり、少しショックであった。そのショックを引きずりながら、2人のフィニッシュを見届けることなく、急いで店を後にし最終電車で帰宅した。

 

 

ハプニングバーとは、表の社会では出すことのできない自分の欲望を露わにすることができる場所なのではないか。または、本名を隠すことにより、普段の自分とは違うもう1人の自分になれる場所なのではないか。そんなことを最終電車に乗りながら考えていた。

 

女性の場合、自己の承認欲求を満たすためでもあるように思う。圧倒的に男性の方が多くなるハプニングバーでは、女性というだけでモテる。女性1人に男性3人もよくあるそうだ。特別なことはしていなくても、男性に声をかけてもらえる。彼女たちは簡単に承認欲求を満たすことができるのである。

 

ハプニングバーは、法律的にはグレーな場所かもしれないが、ある一定の人にとっては必要な場所なのかもしれない。

〇〇があるから仕事を頑張れる。

〇〇では本来の自分を晒け出せる。

誰もがそのような場所を持っていて、そこを居場所としている。ハプニングバーに通う彼らにとっては、たまたまハプニングバーがそのような場所であっただけなのだ。

 

ハプニングバーで、他人のセックスを目の当たりにするという経験は、正直良い経験とは言えなかったが、この軽い胸焼けのような気待ちを抱けたことは今回の収穫である。

 

 

【記録】ハプニングバーに行った話

ハプニングバー、、、

それはバーという表向きの看板を持ちつつ、

セックスをすることができるバー、、、。

 

知り合いの知り合いが都内某所でハプニングバーをやっているということで、性産業や性文化に興味があったこともあり、知り合いといってきました。

 

特定されてしまうと大変なので、細かいことは書きませんが、、、

 

散々AVを見てきた私でも、赤の他人でも数分前まで普通に話してた人たちのセックスをこの目で間近で見るのはなんだか現実味がなく、映画を見ているような気分でした。

 

女性4人に対して、男性10人くらいで、

もともとカップルで入店する人もいて。

 

想像していたハプニングバーはもっとアングラ感漂うカオスな空間でしたが、今回行ったハプニングバーはおしゃれなバーという感じでした。

 

そういう目的で来ている人が多いのだろうから、そういう目で見られて当たり前なのだけれど、話の端々から感じられる性的な目線がつらかった、、、、。

 

知らん人に触られそうになるのマジつらい、、、って思ったからもう行かない。

と思います、、、。

 

おじさんが多いのかと思いきや、おじさんは2人くらいであとはサラリーマンでした。

 

ハプニングバーは一種の居場所だと言っていた人がいました。

 

どんな性癖でも、どんな人生でも、

関係なくお酒を飲める。

 

たしかに私も、きつい場面もあったけど、

AVの話を堂々とできて、これからの性産業についてあんなに真面目に話せるところはないなぁと思いました。

 

まあでもそれは初めの方だけで、アルコールが回ってくると、人の動物みたいな部分がどんどん出て来て見るに耐えないのですが。

 

良いか悪いかで言えば、どちらかと言えば悪かったのですが、悪いと思える経験ができたことも収穫で、何にも感じなかった思わなかったというのが一番ダメだと思いました。

 

 

ハプニングバーにくる男の人はみんな絶倫なんだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

もう僕は限界だよ

 

あしたはやらなきゃいけないことをやろう。

 

たくさんあるはずなのに

たくさんありすぎて全然無いような

やらなきゃいけないことをやろう。

 

それが終わったら

寺山修司の戯曲をひとつ読んで

それから珈琲を飲もう。

 

珈琲を飲み終わったら

もう外は暗くなっているだろうから

おしまいにしよう。

 

 

 

 

 

アートオブダークネス

 

モデルとして女の子が拉致されてバラバラにされそうになる。彼氏が探す。助かる。

 

王道シリアスホラー的な。

 

90分では無理があるよね、謎解きまでするには。

 

臓器売買の人と、異常性壁おじさんが、結局仲違いして、臓器売買おじさんは死ぬ。

 

結局バラバラにした臓器をどうしているのかわからなかったから、もはやシーン要らないのではと思った。

 

パケを見る限り、ぐちゃぐちゃバラバラ血まみれを想像していたのに、まぁ大したことはなかった。 チェーンソー持ってくるなら切るところを映して欲しかった。あのパケを見て借りる人は、それを期待するよ、、、。

 

個人的には、シリアスなグロテスクホラーより、コメディが混ざった、ゾンビ惨殺ホラーの方が好きだと思った。

 

ありえないくらい血がプシャーで、頭も腕も足も飛び交うようなホラーが見たい。

 

 

 

 

フリークスパーティー

ゾンビと人間とヴァンパイアがエイリアンと戦う映画です。

 

俗に言うB級ホラー。

 

結局糞尿オチです。たぶん。

 

90分くらいだけど、30分くらいの内容しかありません。

 

なんでもいいから、軽く、グロい映画観たい人向けです。

 

 

 エイリアン↓

f:id:hotatechaan:20170223194058j:image

 

スクラップ・アンド・ビルド

本屋さんでなんとなく読もうと思って買った。なんとなく。

 

スクラップアンドビルドは古いものを廃棄して新しいものに置き換えるということ。

 

私は自分の意思で動けるうちに死にたいと思っているが、実際に年をとってもそう思えるのだろうか。

 

生きたくて生きている老人と、

早く迎えにきて欲しいけれど

死ぬのは怖いから仕方なく生きている老人と。

 

年を取ったら私も生かされてしまうのかな。

 

時代はサーカスの象にのって

1.21 新宿FACE

 

実験的な演劇。

 

中央のリングで繰り広げられる8つのストーリー。

寺山修司の作品を観ると、毎回、言葉に引き込まれそうになる。

8×15

 

 

フットボールの規則による"幸福論"の試み』

 

 もしわたしにボールを投げられたらと考えてみたわたしにとっての幸福とは、

 

・今この瞬間演劇を見ている時であったし、

・喫茶店でぼうっとしている時かもしれないし、

・好きな人に会えた時の可能性もあったけれど、

 

その時浮かんだのは

若手俳優を拝んでいる時という、しょうもない自分がさみしくなった。

 

 

 

前方のステージはSHAKALABBITSのステージ。SHAKALABBITSの演奏を聴いただけで泣いてしまいそうで、憧れはずっと消えていなかった。

 

 

 

ステージを見られる日だったので、間近でセットを見られました。

 

f:id:hotatechaan:20170122222303j:image