読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録と感想

みたもの よんだもの かんじたこと の記録

時代はサーカスの象にのって

1.21 新宿FACE

 

実験的な演劇。

 

中央のリングで繰り広げられる8つのストーリー。

寺山修司の作品を観ると、毎回、言葉に引き込まれそうになる。

8×15

 

 

フットボールの規則による"幸福論"の試み』

 

 もしわたしにボールを投げられたらと考えてみたわたしにとっての幸福とは、

 

・今この瞬間演劇を見ている時であったし、

・喫茶店でぼうっとしている時かもしれないし、

・好きな人に会えた時の可能性もあったけれど、

 

その時浮かんだのは

若手俳優を拝んでいる時という、しょうもない自分がさみしくなった。

 

 

 

前方のステージはSHAKALABBITSのステージ。SHAKALABBITSの演奏を聴いただけで泣いてしまいそうで、憧れはずっと消えていなかった。

 

 

 

ステージを見られる日だったので、間近でセットを見られました。

 

f:id:hotatechaan:20170122222303j:image